福岡県地域木造住宅生産体制強化地域協議会

スペーサーgif

建築による省エネ化

「冬暖かく、夏涼しい家」の実現のためにはさまざまな工夫が必要です。冬は断熱・気密化を図りながら日射による熱を活用、夏は通風や排熱をし、室内の熱を逃がしながら、日射遮蔽をします。このように夏と冬に対応するようバランスのとれた計画が大切です。

冬暖かく、夏涼しい家

断熱と気密

(1)躯体の断熱
断熱化の基本は床や外壁、屋根など住宅の外気に接している部分を断熱材で隙間なく包み込むことです。断熱性能に問題があると、結露の原因にもなり、建物の耐久性を低下させる恐れもあります。

(2)開口部の断熱
窓などの開口部の断熱性能を高めることは大変有効です。というのも暖房時、室外に逃げる熱のうち、48%が開口部からとなっているからです。これは面積が少ないにも関わらず、外壁からの熱の損失量の2.5倍にも達しています。

(3)住宅の気密化
建物を密閉化することではなく、躯体と開口部など、住宅の外皮の隙間をできるだけ少なくすることです。必要な換気量は機械による計画換気で確保します。

日射遮蔽と日射取得

断熱化や気密化されている住宅では、開口部から入る日射熱は冬は有効ですが、夏は室外に排出することが難しいと言えます。そこで冬は熱を取り込み、夏は遮ってエネルギーを削減します。植栽やブラインド、障子なども、日射のコントロールに有効です。

通風

自然の風を取り込むことで暑さを和らげます。風向きや風の通り道は土地により異なるので、その特性を読み取り、風を導くことで冷房に頼らずとも夏も快適な空間づくりが可能です。外構や昼間の採光計画など自然を取り込んだ住まいづくりが望まれています。

ページの先頭へ